オフィスレイアウトを決める時、デスクの方向やインテリアの位置、壁紙のカラーなど、考えなければならないことはたくさんありますよね。その中でも特に意識するのは、「どうしたらオフィスが良い雰囲気になるのだろうか」ということではないでしょうか。

たた、ひとくちに「オフィスがいい雰囲気に」と言っても、その手法はいろいろとあります。その手法の中でもオフィスレイアウトを決めるひとつの要素として考えてみて欲しいのが「風水」です。

実は、最近では風水をうまく使ってオフィスレイアウトを決め、仕事の生産性を上げようとしたり、会社の雰囲気を良くしようとしたりする会社が増えているのです。そこで今回は、風水から見た良いオフィスレイアウトについてご紹介していきたいと思います。

そもそも風水ってどんなもの?

「風水」は、昔の中国で生まれた占いの一つです。年数で言うなら、今から3000年~4000年前とされることが多く、当時は家や村、町の良し悪しを占う時に多く用いられていたと言われています。一説では環境学とも紹介されていて、身の回りにある「気」をうまく循環させることで、運気をプラスにすると言われているようです。

そんな風水ですが、実は日本建築にも大きな影響を与えています。たとえば、窓やドアを設置する時や水回りの配置を考える時に、主に風水を使って決めていると言われています。また、身近なことでたとえるなら、恵方巻を食べる時に縁起の良い方角を向きますよね。それも風水に基づいて決まっていると言われています。

このように、方角をベースに吉兆を占ったり、事の良し悪しを見分けたりする時に使われるのが「風水」なのです。

風水的に良いオフィスレイアウトとは?

風水についてご紹介したところで、では「実際にオフィスの雰囲気を良くするレイアウトってどんなものなの?」ということが気になりますよね。そこで、ここではどのようなオフィスレイアウトが風水的に良いのかをまとめたいと思います。なお、ここでご紹介するのは一例ということをご了承ください。

まず、オフィスレイアウトを決める際に重要となるのが「吉方位」を調べることです。吉方位を簡単にお話しすると、「生気」「天衣」「延年」「伏位」の4つの運気が上がる方位を言います。この方位は生年月日、生まれた時間、性別により決めることができます。

基本的にオフィスでは、吉方位を向いて座るのが良いとされています。そのため、デスクはなるべく吉方位に合わせるようにしましょう。どういう風に吉方位にあわせるかというと、運気が上がる方位を向いて座れる方が多くなるようにデスクの配置を考えることをおすすめします。

また、オフィス什器やインテリアを配置する際は、東西南北それぞれの特徴を踏まえた上で置くと良いと言われているので、あわせてご紹介します。

・東
若さや音に関する運気を司り、木の気があります。そのため、たとえば観葉植物、ファックスやプリンターといった通信機器を置くといいでしょう。

・西
風水では、西の方角からお金がやってくると言われています。この方角にはオフィスの入り口があると良いとされています。

・南
この方角はエネルギッシュでパワーに満ちあふれていると言われています。風水では、この方角には何も置かない方がいいとされています。

・北
北は、貯蓄を意味し、水の気があると言われています。背の高いものがあるといいとされているので本棚などがピッタリでしょう。

これらのことを意識してオフィスレイアウトを決めると良いとされています。ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしながらオフィスレイアウトを決めてみてくださいね。

運気があるオフィスをつくる上での注意点とは?

風水的に運気を上げるオフィスレイアウトがある一方、オフィスの状態によっては悪い気をためてしまうこともあります。

たとえば、デスクの上に書類が山積みになっていたり、使ったマグカップや空のペットボトルが置いてあったり、ゴミをためたままにしてあったりすると、いくら風水をもとにレイアウトしたオフィスだったとしても、運気が下がっていってしまうと言われています。

そのため、日頃から整理整頓の習慣を取り入れるなどし、社員全員でオフィス環境を良くしていこうとする意識を持つことも大切になります。

まとめ

今回の記事では、風水的に良いオフィスレイアウトについてご紹介してきました。オフィスの雰囲気を良くすることは、仕事の生産性が上がったり、社員同士の人間関係が良好になったりと、さまざまなメリットにつながります。

オフィスレイアウトを決める際は風水を取り入れてみて、良い気が流れているオフィス環境にしていくことを検討してはいかがでしょうか?