オフィスチェア

HOME
次世代オフィスの傾向
デザインの概要
デザインの実践
レイアウトの変更
オフィスの移転を考えたら
企業のイメージを強くする
デスク
チェア
オフィスチェアーの選び方
新しい機構のチェア
女性専用チェア
一般ワーク用(事務職向け)
一般ワーク用(営業職向け)
管理職用
打ち合わせ用
パーティション、間仕切り
内装のポイント
文書・ファイル管理
IP電話・LAN工事
セキュリティ
会社概要
環境への取り組み
採用情報
お問合せ・お見積
 
> > オフィスチェアの選び方 疲れやすいチェアの改善で業績アップにつながる為のオフィスチェアの選び方
オフィスチェアの選び方

職場には、男性や女性の性別だけでなく、体の大きい人や小さい人、その他にも世代によっても様々な体格の人がいます。

したがって、「体格対応機能」のあるチェアを選ぶことをお薦めしています。

足がしびれたりする
座面が高すぎて、太ももの裏を圧迫しています。
座面を適性な高さに調節する必要があります。
背中が背もたれに当たらない
座面の奥行きが体に合っていません。
適正な位置に調節をする必要があります。
腰が痛くなったりする
背もたれの形状が体に合っておらず、腰がしっかり支えられていません。
背もたれの形状が合ったチェアを選ぶ必要があります。
【ポイント】
1. 誰もが簡単に「座面奥行き調節」ができるものを選びましょう。
 使用する方が簡単に操作できないと全く意味が無くなってしまいます。

2. 座ったままで、背の反発力調整ができるものがおすすめです。
  座ったままの状態で調整できないと意味がありあません。

3. 腰を守るための「ランバーサポート機能」がついているもの。
  日本人の腰痛人口は1000万人。この機能が無いとより増加の道をたどります。

Q この3つのうち、身体への負担が少ないのはどれですか?
上記によればこのようになります。

@板張りはお尻の骨のあたりに痛みが集中。
A柔らかクッションはお尻の筋肉のあたりに集中。
B座布団には赤い点がひとつもなし。

実は座り心地のよさそうなAの「柔らかクッション」ではなく、Bの「座布団」が身体への負担が一番少なかったのです。

[ポイント]
この結果をオフィスチェアーで考えてみると、「座面」のクッション部分は、「単に厚くて柔らかければ疲れにくい、ということではありません。
座布団のように「適度な厚さと硬さ」が必要なのです。

体圧分布を配慮した座クッション

・体圧分布を配慮した座面が使用されているチェアを選ぶのが賢い選択。
・人間工学に基づく設計がされている点は特に注意。

左の写真はイトーキ社「レビーノ」チェア。
座面にスリットが入り、適度に「たわむ」ことで理想的な体圧分布を実現。
快適な座り心地です。
座面の奥行きが調節できる

・「座面奥行調節」の機能がついていることがポイント。
・ただし、カタログではわかりにくい、「調節が間単にできるか?」が重要。
・簡単に操作できなければどんなに優れた機能でも、「宝の持ち腐れ」に。

左の写真のチェア(レビーノ)では、座面の奥行きが440〜480mmの範囲で調整でき、体格や姿勢に応じたポジション設定が簡単に行えます。
体圧分布を配慮した座クッション

・背の反発力を調節するレバーが、座ったままの状態で、手が届く範囲のもの
・使う人自身が調節するので、座ったままできなければ、意味がありません。
・いちいち、立って調節するものや、無理な姿勢を強いられるものは避けた方が懸命。

腰に配慮した「ランバーサポート機能」の有無

・背もたれで腰を支える形状になっているチェアーがお薦め。
・または腰をサポートする(ランバーサポート)機能で、腰への配慮がされているもの。

左のチェアーのランバーサポート機能は、座りながら直接触って操作できるタイプ。
お好みの位置に簡単に調節できます。
その他、お客様のご要望のご希望や条件に合わせ様々なチェアをご提供させて頂きます。
お問合せ・お見積
このページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁止します。 (c)COPYRIGHT 2006 tomita syouji co.ltd
オフィスデザイン、内装事例ならオフィスレイアウトナビ