新しいワークスタイル

HOME
次世代オフィスの傾向
新しいワークスタイル
自由に座るスタイル
チーム重視のスタイル
コスト優先のスタイル
新スタイルを支える設備
ミーティングスタイル
デザインの概要
デザインの実践
レイアウトの変更
オフィスの移転を考えたら
企業のイメージを強くする
デスク
チェア
パーティション、間仕切り
内装のポイント
文書・ファイル管理
IP電話・LAN工事
セキュリティ
会社概要
環境への取り組み
採用情報
お問合せ・お見積
 
> > 新しいワークスタイル
 
次世代オフィスの傾向

画像をクリックで拡大版がご覧になれます。
 
IT化が進む中で、これまでの様な組織構成中心の単一化されたレイアウトから、働き方に即したスペースが必要とされています。

工場などの製作部門では極力生産性を上げる工夫をしている企業でも、事務効率を上げるオフィス作りを工夫しているオフィスは未だに少ないと言えます。
今、まさに企業は世代交代を迎え、ワーカー構成そのものが変わりつつあります。

これまでの様な仕事中心の単一化されたワークスタイルから楽しさと機能を複合したワークスタイへの需要が高まると同時に、各種IT導入やセキュリティの強化も必然です。

 

フリーアドレスとは?
個人に固定席を割り当てずに共有席(デスク、キャビネットなど)を用意し、出社した社員は空いている席を使って仕事を行うオフィス形態のことです。
 
フリーアドレスの種類
■自由に座るスタイル
●「外出や出張で空いている席が目立つ。スペースが非効率!」
個人に固定席を割り当てない完全フリーアドレスタイプ。仕事の内容や気分に応じて、誰でもどこでも座れるから動きやすさも効率もアップします。


■チーム重視のスタイル
●「プロジェクト、チームごとのフレキシブルな環境を構築したい」
チームごとの少人数フリーアドレスタイプ。コミュニケーションが取りやすいワークスタイルです。
フリーアドレス・オフィスに利用されるITソリューションの例
基盤 無線LAN、IP-PBX、IPセントレックス
内線電話 携帯電話、PHS、IP電話、ソフトフォン
情報共有、スケジューリング共有 電子メール、グループウェア、
インスタント・メッセージング、ファイルサーバ、
文書管理システム
所在確認 プレゼンス(インスタント・メッセージング、IP電話)、
在席位置表示システム
業務アプリケーション環境 Web対応携帯電話、モバイルPC、EIP、
シンクライアント


■コスト優先の新スタイル
●「度重なる組織変更時の移動、コストも労力も削減できないのか・・・」
組織変更や増員で移動が頻繁なオフィスに。レイアウト変更や配線変更のコストが削減できます。フリーアドレスとは違い、最も効率的なレイアウトに固定し、組織がそれに合わせた形で適応するユニバーサルアドレスです。

画像をクリックで拡大版がご覧になれます。

■ミーティングスタイル

●「少人数で効率的に話し合うスペースがほしい」
現在はパソコンを使って仕事をするのが当たり前。
社内の打合せもパソコンを活用して効率的に!

 
お問合せ・お見積
このページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁止します。 (c)COPYRIGHT 2006 tomita syouji co.ltd
オフィスデザイン、内装事例ならオフィスレイアウトナビ